美容・整形その2:美容整形で悩み解決



二の腕のセルライト対策あれこれ

ここでは二の腕のセルライト対策についてみていきます。
その前にセルライトについておさらいしておきます。

セルライトとは、脂肪と老廃物、コラーゲンなどが固まったものです。
そして、このセルライトはなかなか代謝されにくく、いくらダイエットやエクササイズをしても、解消は難しいのが特徴の一つです。
とてもいやな特徴をもっています。

そして女性には残念なことに、女性の方に多く見られる脂肪細胞の塊です。
せるらいとは、お肉を指ではさむと、オレンジの皮のようなデコボコの皮膚の状態になっています。

セルライトには、スリムな体型の女性でも悩むことが多いようです。
またセルライトには、硬質と軟質があります。

そしてセルライトは、軟質の方が解消するのは難しいと言われています。
セルライト対策というと下半身が主、というイメージが強いのです。

しかし脂肪がつきやすいところとして、二の腕のセルライト対策マッサージというものもあります。
二の腕は、大変脂肪がつきやすいというだけでありません。
なんと二の腕は冷える部分でもあるのです。

ですから、セルライトができやすいのです。

二の腕のセルライト対策マッサージは、簡単にできます。
まず、腕を上に上げて肘を曲げます。

そして二の腕のセルライトの気になる部分をつまみ、肘からワキにかけて、手のひらで円を描くようにマッサージします。
最初は痛いと感じるかもしれません。
このとき、少し痛いぐらいに加減をします。

しかし痛くなりすぎると、お肌にも負担をかけます。
また痛すぎると、二の腕セルライト対策マッサージも長続きしません。

マッサージを繰り返すことにより、脂肪が軟らかくなって代謝もよくなってきます。
マッサージはお風呂上あがりなどの、身体が温まっている状態でしましょう。
そのほうかより効果が期待できます。

マッサージの時に、ジェルやマッサージクリームなどをつけて、すべりを良くすると肌への負担をかけません。
ぜひあなたも二の腕のセルライトが気になるのでしたら、二の腕のセルライト対策マッサージを続けてみてください。
posted by 美容整形 at 10:20 | 美容・整形その2

ふくらはぎのセルライト対策

セルライトとは、皮膚の表面に見えるボコボコしたものです。
血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで進行した、脂肪細胞の変性した状態です。

さらにセルライトの症状が悪化すると、肌の表面がオレンジの皮のように見えます。
このため、オレンジピールスキンと呼ばれることもあります。

このセルライトですが二の腕のほかにもふくらはぎにもつきやすいで
す。
なぜならふくらはぎは、下半身の中でも疲れが溜まってむくみやすいてず。

それがセルライトを作ってしまう原因になります。
事務職のような座りどおしの仕事や、逆に立ちどおしの仕事など、長時間同じ姿勢をしている人は、知らずのうちに下半身部分に無理がたまって、むくみを発生させるケースが多いようです。

そのむくみを放置することでセルライトができてしまいます。

このふくらはぎのセルライトを改善するには、特にマッサージがおすすめです。

ここではふくらはぎのセルライトを除去する為に、効果的なマッサージの方法を紹介します。

ぜひ空いた時間に実行してください。

まず、ふくらはぎの気になる部分の脂肪を指でつまみながら、絞るようにマッサージをして下さい。
セルライト部分を両手で持ち、ブルブルと振動を与えながら絞り込みましょう。

そうすると、血行が促進され、むくみ解消の効果や疲れの除去になります。

ですからふくらはぎのセルライト除去に一層期待が高まります。

その後に、ふくらはぎ部分のリンパの流れを良くしましょう。
このように、足首からひざの辺りまで軽く流すようにに優しくリンパマッサージをすることで、セルライト除去効果が上ってきます。

また、お風呂上がりなどは身体が温まり、血行が良くなっている状態で行うと効果が上がりますので、特におすすめです。

ふくらはぎのセルライト対策は、焦らないでください。
気長な気持ちでマッサージを取り組んでいきましょう。

時間がかかるかもしれませんがきっとセルライトを除去することは可能です。

繰り返しますがけっして焦らないでください。
posted by 美容整形 at 22:12 | 美容・整形その2

プラセンタ注射の紹介

ここではプラセンタ注射について紹介します。
しかしプラセンタ注射の前に、まず「プラセンタ」とは何か知っておきましょう。
プラセンタとは「胎盤」のことです。
これは、胎児が発育するのに必要不可欠なものです。

お母さんの胎内で一個の受精卵を、わずか10ヶ月の間に約3kg近くまでに育て上ることが出来る、驚異的な働きをもつ組織です。
それがプラセンタです。

医療用のプラセンタは、胎児の発育に有効な成分を抽出したエキスです。
成分は、タンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、ミネラル、糖類ほか、数百種類の成分が含まれています。

プラセンタは医薬品や一般医薬品に広く利用されていて、医療や美容など様々な悩みの解決に、効果を発揮しています。
また中国では、プラセンタは古くから滋養強壮・不老長寿に利用されていました 。

もともとプラセンタは、肝炎、更年期障害、胃潰瘍などの、病気の治療に使われていたものです。
しかしプラセンタ治療を受けた患者さんの中に、「肌がきれいになった」「シミが薄くなった」「アトピーが治った」「生理痛が楽になった」「疲れがたまらなくなった」などという声が多く寄せられるようになりました。

それからプラセンタは美容目的でも使われるようになりました。

プラセンタは、すぐれた美肌効果があります。
また、保湿効果、美白作用もあります。

プラセンタは血液やリンパの流れをうながし、皮膚のコラーゲンを増やす働きがあり、潤いとハリのある、なめらかな肌へと導いてくれます。
このプラセンタエキスを皮下注射することで、肌自体の潜在能力を最大限に引き出してくれます。
また、全身の細胞が活性化され、細胞レベルからの若返りが期待できます。

プラセンタ注射は、はじめの6週間は週1〜2回のペースで受けるのがおすすめです。
さらにビタミンを同時に投与すると、より効果があります。

あなたもお肌にお悩みでしたらこのプラセンタ注射を選択肢の一つとして考えてみるのも良いかと思います。
posted by 美容整形 at 22:13 | 美容・整形その2

プラセンタ点滴のすごさ

プラセンタとは胎盤のことです。
胎盤とは赤ちゃんがお腹の中で元気に育っていくために、たっぷりと栄養を補給するものです。

そこから抽出されたエキスは、各種アミノ酸、細胞成長因子、ビタミン類、ミネラル類、酵素類などを豊富に含みます。
これらは、人間に必要な機能が多く備わっています。

ですからプラセンタを注入することで、新生細胞の合成、老化細胞の廃棄、細胞組織の修復・再生などの効果が現れます。
また、細胞個々のレベルで美白、キメを整え、肌に張りができ、美肌にとても効果的です。

近年、アンチエイジングに、プラセンタが効果的だとして、話題になっています。
現在行われているプラセンタによる治療法をさかのぼって調べてみると、昭和20年代に旧ソ連や中国を経由して日本に伝わってきたことがわかりました。

この当時は、麻酔をかけて皮膚を切開し胎盤を埋め込み最後に縫合するという胎盤埋没療法がとられてたようです。
これが、麻酔や切開なしで胎盤を体内に入れる方法として開発された方法、それがプラセンタ注射です。

このプラセンタ治療には2種類に分けることが出来ます。
プラセンタ治療は、プラセンタ注射とプラセンタ点滴があります。
しかしプラセンタ注射よりプラセンタ点滴の方が、即効性があるとされています。

プラセンタ点滴は、プラセンタ注射薬とビタミンなどを配合したものを投与します。
その多くが病院のオリジナルビタミンカクテル点滴を行っています。

また、プラセンタ点滴は即効性だけではありません。
注射に比べて痛みがないこと、ビタミンなどの有効成分を共に投与できること、ゆっくりと時間をかけて体内の隅々まで浸透させることができる、など多くのメリットがプラセンタ点滴にはあります。

自分で調べて書いていてプランセンタ点滴を受けたくなりました。
あなたはどうですか?
posted by 美容整形 at 22:21 | 美容・整形その2

プラセンタの効果とは?

プラセンタは、胎児が発育するために必要不可欠である胎盤のことです。

胎児をたった10ヶ月で成長させる、各種の細胞増殖因を豊富に含み、ビタミンやミネラル、他にも多様なアミノ酸が含まれています。

細胞活性化、新陳代謝促進、血行促進、免疫力や自己治癒力を高めるため、肌荒れ、自律神経失調症、更年期障害などの婦人病や生理痛などの

婦人障害、肩こり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝炎、ほかには、喘息やアトピー性皮膚炎、リウマチなどのアレルギー疾患、火傷やニキビ痕の修復にと、様々な効果が期待できます。

また、プラセンタはその他に、美白やアンチエイジングに対する効能もあります。

ですから、今プラセンタは注目を集めています。

プラセンタは肌に対する保湿作用、抗炎症作用、美肌作用、抗アレルギー作用、細胞分裂を活性化する作用などがあります。

ですから、ひどくいいたんでしまったお肌をきれいに生き返らせることができるのです。

また、プラセンタは皮膚細胞の分裂を促すいう作用も持ちます。
ですからトラブル肌のもととなる乱れを整えます。

また壊れた組織を修復する作用により、外部からの刺激で壊れた角質をも元に戻すように働いてくれます。

さらにプラセンタはメラニン色素が出され、メラニン色素の生産を促進させる成分を抑える作用があります。

ですから、シミを薄くする効果も持っています。

またプラセンタは、肌の真皮まで届きます。
このことから肌を作る線維芽細胞を促進し活性化する効果もあります。

このプラセンタの美容的効能は、美肌作りにおいて、プラセンタの美容的効能は、美肌作りにおいて素晴しい効果を発揮します。

あなたもこのプラセンタを活用して美しいお肌になってください。
posted by 美容整形 at 22:30 | 美容・整形その2

プラセンタ療法の紹介

プラセンタとは、胎盤のことをいいます。
母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器です。

胎盤は最初から女性の体に備わっているものではありません。
胎盤は、受精卵が子宮内壁に着床して、初めてつくられる臓器です。
そして胎盤は、役目を終えると外に排出される仮設の臓器なのです。

受精卵は、わずか10か月の短期間に、重さ約3kgもある胎児へと成長します。
この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割りなのです。

プラセンタは赤ちゃんの出産とともに、役目を終えて体外へと排出されます。
しかし、この時点でも豊富な栄養と各種の有効成分を、多く含んでいます。
動物の母親が出産後に、自分のプラセンタを食べて、体力を回復させているのが、その証拠です。

このプラセンタの薬効は古くから注目されています。
とりわけ、若返りの薬として珍重されています。
また滋養強薬や多数の漢方薬に配合されてきました。

そのプラセンタから抽出されたエキスの有効成分を、注射・内服などにより治療に用いる療法をプラセンタ療法といいます。
プラセンタエキスを投与することで、全身の細胞が活性化されます。
また、細胞レベルの若返りが期待できます。

このプラセンタ療法を代表する効能は、アンチ・エイジングや美肌・皮膚保湿効果・更年期障害・抗アトピー効果・慢性疲労除去・慢性肝炎に対する抗炎症作用などがあります。

また、最近では、プラセンタ療法を受けた人の中に「肌がきれいになった」とか「シミが薄くなった」とか「疲れがたまらなくなった」などという声が多いです。
ですから、美容目的で使われることが増えてきました。

プラセンタ療法は現在若返りの秘薬として期待の的です。
あなたもこのプラセンタ療法をとりいれてさらに美しくなってください。
posted by 美容整形 at 10:25 | 美容・整形その2

プラセンタ注入

プラセンタとは、母体と胎児の仲立ちをする「胎盤エキス」のことです。
胎盤には、たんぱく質やビタミン・ミネラル・脂質・脂肪酸などといった、われわれ人間が生きていくために必要な栄養がとても豊富に含まれています。

プラセンタは、新陳代謝や血行を促進して免疫力、自然治癒力を高める効果があります。
ですから、肝炎や神経痛・筋肉痛・胃潰瘍・自律神経失調症・更年期障害などといった病気治療に、役立てられてきました。

プラセンタエキスには、自律神経の働きを正常にコントロールしたり、ホルモンバランスを整えるといった効果もあります。
プラセンタ注入で、更年期でホルモンバランスが崩れていたり、軽い自律神経失調症の人には、効果があるでしょう。

また、造血機能を刺激して増血作用を促します。
それにより、疲れを取り活力のある、身体を取り戻す効果もあります。

そしてプラセンタの、細胞の新陳代謝を活性化する作用が、肌のトラブルを改善します。
それにより、美肌効果があるとして、美容の分野で注目を浴びています。

美肌効果は、肌荒れ、にきび、シミ、シワ、ソバカスの改善、美白、皮膚の老化防止、保湿作用、皮膚細胞の新陳代謝の促進、コラーゲンの生成、活性酸素除去、血行促進等、実にさまざまな効果が期待できます。
またそれと血行促進によって、目の下のクマの改善も期待できます。

また、プラセンタ注入は、注射だけの治療ではなく、サプリメントとして服用することも可能です。
しかし効果が最大限に表れるのは、直接注入する場合です。
残念ながら、サプリメントとして服用する場合では、効果が半減するといわれてます。


posted by 美容整形 at 22:35 | 美容・整形その2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。