お腹についたセルライトどうしますか?:美容整形で悩み解決



お腹についたセルライトどうしますか?

セルライトができるのは太ももやふくらはぎだけではありません。
おなか周りにも残念ながらついてしまいます。

このようにセルライトは、体のどこにでもできる可能性があるのです。、

しかも、たちが悪いことにお腹周りにセルライドがびっしりとついてしまうと
悲劇的結果が生じます。


それは有酸素運動などをやっても、なかなかダイエットで痩せる事ができなくなります。
なんと恐ろしいことでしょう。

しかも、お腹周りは大きなリンパ節が存在しません。

そのために一番近くでも太ももの付け根のリンパ節で、リンパ液の循環を行っています。


もし座り通しの姿勢などでリンパ節が圧迫される場合を考えてください。
リンパの流れが悪くなり滞ってしまうことが想像できるでしょう。
そうなるとお腹にも、むくみが発生します。

もともと皮下脂肪が、多くついている部分であるお腹でむくみが起こると悲劇がおこります。

その脂肪細胞に滞って染み出した余分な水分や老廃物が絡みついて、あなたの大嫌いなセルライトへと成長するのです。
お腹に脂肪がつくのは、2つのタイプがあります。

1 それはおへそを中心に、お腹全体に脂肪がついているタイプ。
2 下腹部分に脂肪がついているタイプです。

あなたはいくら腹筋しても運動しても、なかなかお腹がへこまないと感じたことはないでしょうか。
もし感じたならばそのお腹のへこまない理由はセルライトが原因でしょう。

腹筋の表面に乗っているような物体は、セルライトと化した脂肪細胞です。
ですから、お腹を痩せるには腹筋などを鍛えるのは当然です。

それに加えてセルライトをなくす必要があるのです。
そのためにはマッサージが効果的です。

お腹のセルライト解消に効果的な、マッサージスリミング効果のあるオイルやクリームを使ってみてください。
それによりセルライトを揉み解しましょう。

より効果を上げるには、お風呂上りなど、体が温まっている時の方がオススメです。。

また、ゲルマニウムを織り込んだ補正下着などもセルライトをへらす手助けになります。。
これらの下着は日中普通に仕事や家事などを行っている時に、ゲルマニウムの効果で脂肪細胞から老廃物を剥がして排出させてくれます。

ですから面倒な事もありません。
めんどくさがりな方に特にオススメです。
posted by 美容整形 at 16:28 | セルライト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。