ボトックスの注意点:美容整形で悩み解決



ボトックスの注意点

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出された成分です。
このボツリヌス菌は、もともと食中毒を起こす菌として有名です。

このボツリヌス菌毒素の成分には、しわの原因となる表情筋の動きを抑制することができます。
ボツリヌス菌は筋肉の動きを抑制するという働きがあるため、ボトックス注射によって注入されるようになりました。

最近では、ボトックスを筋肉に注入すると、筋肉の働きを数ヶ月間麻痺させる効果があることがわかっています。
ですから、美容外科や美容整形では、しわ取りや小顔治療に多く使用されているのです。

このボトックスの注意しておいてほしい点があります。
それは、筋肉や麻痺させる治療法なので、妊娠中や授乳中の方、神経及び筋疾患の方、ボツリヌス菌による食中毒を経験している方は、この治療を避けたほうが安全です。

元々、ボトックス治療に副作用は無いと言われています
しかし、ボトックス注射をした後に、一時的に起こる変化は多少あるようです。
その代表的な副作用としては、注射した付近の筋力低下による影響があります。

いくつか例をあげてみましょう。
ボトックス注射を、顔のしわ取りに使用した場合、頬が上手く動かずに笑った時に顔が引きつったり、不自然な笑い顔になってしまうことがしばしば報告されています。

また、ボトックス注射を目の周りにした場合の副作用としては、まぶたが垂れ下がってしまう状態になることが、時々報告されているようです。

また、ボトックス注射をふくらはぎにした場合は、足がだるくて疲れやすくなります。
そして、もつれて歩きにくいなどの副作用が出る恐れがあります。

しかし、これらの副作用は、2週間前後で解消されます。
ですので、特に心配しなくても大丈夫です。
posted by 美容整形 at 08:15 | 美容・整形ソノ4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。