奥二重にする方法とは?:美容整形で悩み解決



奥二重にする方法とは?

まぶたは、目を開ける筋肉が枝分かれをすると二重になります。

奥二重とは、この枝分かれをした部分が、まぶたの奥に隠れてしまっている状態をこう呼びます。
この奥二重は日本人に多いタイプなのです。

二重の部分が、まぶたの奥に隠れているこのタイプの目は、二重の幅が狭かったりします。
また、まぶたの脂肪が多いなどの理由で、一重に見えやすいもののことなのです。

しかし、どんな形のまぶたでも、ただ単に、二重まぶたになれば良いという訳ではないようです。
一人一人、当然それぞれ目の大きさや形などが違います。

なにより個性があるのですから、顔全体のバランス等を考えて、その人にいちばん似合った、自然なラインのまぶたでなければおかしいです。
二重にしたいと思うけど、あまり印象を変えたくない場合は、埋没法で奥二重に近い末広型の二重を作ると良いでしょう。

埋没法は、形や幅を自由にできます。
また、なにより手術したことがまったく分からない程、自然な仕上がりです。

これが最大の特長です。
これは、メスを使わないいわゆる「プチ整形」と呼ばれています。

まず点眼麻酔を行ない、それから局所麻酔を行ないます

ですので、痛みの心配はありません。
まぶたの裏から、髪の毛よりも細い特殊な糸をかけます。

そして、二重のラインを固定し、糸はまぶたの中に埋め込みます。

術後もほとんど腫れもなく、1週間ほどで自然な感じになります。
また、傷も残りません。

さらに、気に入らない場合には、元に戻すことができます。
これが、この方法の特徴です。

ですので急に二重になることが嫌ならば、まずは奥二重にしてみましょう。
そして、徐々に二重に拡大する方法をお勧めします。
タグ:方法 奥二重
posted by 美容整形 at 08:40 | 美容・整形ソノ4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。