二重にするアイプチとはどんなもの?:美容整形で悩み解決



二重にするアイプチとはどんなもの?

美容整形と聞くと、ちょっと抵抗があってなかなか病院まで足を運べない、そんな人も多いでしょう。
目元を二重にするアイプチとは、まふたが一度形成されたら維持しやすいということを利用します。

これは一重まぶたをどうしても二重にしたいという人が、人工的に二重まぶたを作ってしまう方法です。

アイプチには、二重のり(二重接着剤)やアイテープ(二重テープ)を使用する方法が一般的です。
最初は、自分の肌に合うか試してみることから始めましょう。

テープタイプのものは上級者向けです。
なので、初心者には液状タイプから始めましょう。

この液状タイプの特徴として、塗りすぎると上手かないようです。
ですので注意が必要です。

アイプチの使用方法は、まぶたに専用の接着剤を塗ったあと、押さえつけるための棒でまぶたを上げます。
これで二重まぶたの整形をしたように張り合わせます。

アイプチは非常に安価で簡単に、二重まぶたにすることが可能なのです。
このアイプチをきれいに仕上げるコツがあります。

それはまぶたの脂肪の厚さにもよりますが、二重の幅を大きくし過ぎると上手く作れないことが多いようです。

また、目と二重のラインをあまり離さず、うっすら二重にするくらいがちょうど良いでしょう。
しかしデメリットもあります。

アイプチをした部分のまぶたの皮膚は、糊付けされている状態です、
そのために皮膚呼吸ができません。

そのためにメイクがしづらくなったります。
また、肌が弱い人だと炎症を起こし、色素沈着や肌荒れの原因になります。

目の周りはとっても柔らかい皮膚です。

ですので、スキンケアにも充分に気を配りましょう。
目元専用の美容液などでケアするよう心がけてください。
posted by 美容整形 at 15:00 | 美容・整形ソノ4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。