ボトックスとは:美容整形で悩み解決



ボトックスとは

ボトックスとは「A型ボツリヌス毒素」を薬剤にしたものです。
これは、アラガン社の登録商標薬剤です。

これはボツリヌス菌と呼ばれる細菌の一部のタンパク質を抽出したものです。
ですので、筋肉の動きを抑制する働きがあります。

A型ボツリヌス毒素の主要成分はクロストリジウム・ボツリウムのA型毒素です。
主な作用はアセチルコリン分泌阻害です。

アセチルコリンとは、まず、私たちの筋肉というのは脳神経からの電気刺激を受けて初めて「動かす」という動作を引き起こします。

この動かすという電気刺激が、なんらかの原因でストップしてしまったら、脳から電気的信号が送られても伝わらず、動くことはないです。
アセチルコリンとは、この電気刺激の伝達をスムーズにしている物質なのです。

一般にボツリヌス菌と聞くと、食中毒を思い浮かべる方も少なくないと思います。
私もそうでした。

しかし、注射で使用されているのはA型のタイプであります。
使用する量も1/300程度です。

ですので、体には一切悪影響はありません。
厚生省やFDAを含め、世界各国でも安全性が保障されています。

ボトックスは、筋肉を動かす神経から放出される伝達物質をブロックする作用を持っているため、注入した筋肉の収縮を抑制します。
これにより、表情じわを改善する効果があります。

それにより、しわが伸びてアイロンをかけたようなハリが出ます。

通常、ボトックスの効果は、6〜9ヶ月持続するようです。
ボトックスは、国内でも眼瞼痙攣や斜視の治療として保険扱いで治療できる薬剤です。

しかし、もともとシワの治療として開発されたわけではありません。
ですので注意が必要です。
posted by 美容整形 at 08:42 | 美容・整形その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。