ボトックスの注射:美容整形で悩み解決



ボトックスの注射

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出した成分です。
本来、もともとは神経外科で、顔にけいれんのある患者の治療に使われいました。
この筋肉の動きを止める作用はシワ取りにも高い効果を発揮します。

このボトックスをしわの周りに注入することができます。
これによって、筋肉の働きを抑え、シワを伸ばすことができます。

食中毒を起こすボツリヌス菌と同じものです。
しかし、ボトックスは菌ではなく食中毒を起こす量の100分の1から1000分の1の一定量の毒素しか使用しません。
ですので、その点では害の心配はありません。

ボトックスは、深く刻まれたようなシワより、表情の変化によってできるしわに対してより効果があります。
表情ジワの治療、特に、眉間や額の表情シワでは、動きを抑えたい筋肉数ヶ所にボトックスを注射をします。
そして、その後、2〜3日目から効果が現れます。

その間 注入した部分の筋肉が動きません。
ですので、強制的に表情のクセを止める事になります。

これにより、クセが治ってしまいます。
そして、ボトックスの効果が切れても、シワが目立たなくなるケースが多いようです。

ボトックス注射は4ヶ月程度で、少しずつボトックスの効果が弱くなってきます。
ですから、はじめは4〜6ヶ月に1度、ボトックス注射を続けると、少しずつ効果が長くなってくれます。

このボトックスの効果を長くするためには、コツがあります。
それはボトックスの効果が切れてからではなく、効果が落ち始めたかなと感じ始めたころに、ボトックスの再注射を受けてください。

若々しい顔を保つためにも、ボトックス注射は、長期、定期的な治療が効果的です。

あなたもボトックス注射で皺をとりませんか?
posted by 美容整形 at 08:14 | 美容・整形その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。