ボトックスで小顔:美容整形で悩み解決



ボトックスで小顔

ボトックスとは、ボツリヌス菌由来のタンパク質です。
これは、神経を麻痺させる外毒素です。

米国では、しわ取り効果の効き目が高いものとしても認識されています。

ボツリヌス菌は毒素です。
しかし、ボトックスで小顔になるために実際に使用される濃度は、非常に低いようです。
ですので毒性はありません。

ボトックス小顔治療の特徴は、メスなどで切る必要がありません。
注射だけで治療ができる点が最大の特徴です。

どんなに小顔に憧れていても、顔にメスを入れたり、あごの骨を削ったりすることは非常に大きな心の負担になりますね。
その心の負担をなくしたのが、ボトックス小顔治療なのです。

小顔に憧れる人にとっては素晴らしい朗報となるでしょう。
顔の気になる部分にボトックス注射をし筋肉の働きを止めるます。

そうすることで効果が出る治療なのです。
「エラが張っている」「下ぶくれ」といった「咬筋」(物をかむ時に使う筋肉)が発達してエラが張っている場合は、ボトックスを注入することによって小顔になることが可能です。

これはボトックスにより「咬筋」を麻痺させます。
そして、発達した咬筋の筋肉の動きを退化させるのです。

そうすることで、自然とあご、エラ周辺が小さくなって小顔になっていきます。

顔に数箇所、注射をするだけの治療です。
ですので、治療時間は数分で終わります。
また、腫れることもありません。

ですから安心して受けられますね。

この効果があらわれるまでには、個人差があります。
しかし通常は注射をした2週間後から徐々に効果があらわれます。
そして、1ヶ月ほど立つと顔がほっそりしてくるようです。

その効果は半年から1年間ぐらい持続します。
そのため、ボトックスで小顔を維持するためには、年に何度か打つ必要出てきます。

メスを使わずに小顔になれるので魅力的ですね。
posted by 美容整形 at 06:37 | 美容・整形その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。