ボトックスによる多汗症治療の方法:美容整形で悩み解決



ボトックスによる多汗症治療の方法

ボトックスとは、ボツリヌス菌の毒素成分から、A型という血清型毒素だけを精製します。
そして、取り出した製剤を使った身体に害のない成分なのです。

ボトックスは美容目的で使用される10年以上前から70ヶ国以上の国で、顔面麻痺などの治療に使用されてきましした。

これは筋肉に作用して動きを弱める働きがあります。
その結果、しわを作りにくくしたり、発汗抑制の働きがあります。

ボトックスには副作用や後遺症、アレルギーも非常に少ないのが特徴のひとつとしてあげられます。

わきの汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺から出ています。
ボトックスをの注射で交感神経の働きを弱めます。
そして、アポクリン汗腺やエクリン汗腺の活動を抑制させます。

そういう理由で、汗の分泌量を抑えることが可能なのです。

ボトックスは、汗を抑える以外に筋肉の収縮を抑制する作用もあります。
ですからボトックスによる多汗症治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまうのではないかという疑問も寄せられることがあります。

しかし筋肉と汗腺が存在する場所は深さが異なります。
ですので、汗腺の適切な場所に注射をすれば、筋肉が動きにくくなるということはありません。
安心してください。

また、約半年サイクルで続けていくと、数年で汗腺が萎縮します。
今までの多汗症治療では、1泊の入院や、手術後の傷跡が残るなどの心配も多々ありました。

しかしボトックス注射は脇の下や手のひら、足裏など、多汗症が気になる部分に数箇所、注射をするだけです。
ですので、治療時間は15〜30分程度で終わります。

効果は個人差はあります。
大体は3〜6ヶ月程度で効果が切れるようです。

効果を持続させるには3〜6ヶ月おきの接種が必要です。
posted by 美容整形 at 15:28 | 美容・整形その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。