美容整形で悩み解決



ボトックスの効果いろいろ

ボトックスとは、アラガン社の登録商標薬剤で「A型ボツリヌス毒素」を薬剤にしたもののことです。
ボツリヌス菌と呼ばれる細菌の一部のタンパク質を抽出したもののようです。
これは、筋肉の動きを抑制する働きがあります。

ボツリヌス菌と聞くと、食中毒を思い浮かべる人が少なくないと思います。
私も最初に食中毒のことを想像しました。

しかしボトックスは、注射で使用されているのはA型のタイプです。
そのうえ、使用する量もごく微量です。

ですので、人体には一切悪影響はありません。

ボトックスは、シワ取りや小顔、多汗症など、様々な治療に用いられ、顔のえら、ふくらはぎ筋肉太りなどに効果が期待できます。
ボトックスは筋肉を動かす神経から放出される伝達物質を、ブロックする作用を持っています。
そのため、シワを作る原因となる表情筋の動きを、鈍らせる効果があります。

これを注入することでシワを取り除くことが可能なのです。
さらに筋肉を萎縮させる効果により、下あごの筋肉を退化させて小顔を作り出す夢のような効果が期待できるのです。

しかし、残念ながらボトックスの効果の持続は、永続的ではありません。
まあ、これは仕方がありません。

個人差はありますが通常は、施術を行ってから1日〜2週間程度で現れるのが一般的です。
そしてその効果は、数ヶ月〜半年程度まで持続するようです。

そのため効果を持続させるためには、数ヶ月に一度の割合で、治療を繰り返す必要があります。
この点が唯一の欠点といえるでしょう。

元々は、顔面痙攣や眼瞼痙攣の治療という、医療分野で効果をあげてきたボトックスです。
最近ではこのように、シワ取りや小顔といった美容分野でも、多く活用されだされました。

あなたもボトックスで小顔を目指してみませんか?
posted by 美容整形 at 08:54 | 美容・整形ソノ4

ボトックスの注意点

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出された成分です。
このボツリヌス菌は、もともと食中毒を起こす菌として有名です。

このボツリヌス菌毒素の成分には、しわの原因となる表情筋の動きを抑制することができます。
ボツリヌス菌は筋肉の動きを抑制するという働きがあるため、ボトックス注射によって注入されるようになりました。

最近では、ボトックスを筋肉に注入すると、筋肉の働きを数ヶ月間麻痺させる効果があることがわかっています。
ですから、美容外科や美容整形では、しわ取りや小顔治療に多く使用されているのです。

このボトックスの注意しておいてほしい点があります。
それは、筋肉や麻痺させる治療法なので、妊娠中や授乳中の方、神経及び筋疾患の方、ボツリヌス菌による食中毒を経験している方は、この治療を避けたほうが安全です。

元々、ボトックス治療に副作用は無いと言われています
しかし、ボトックス注射をした後に、一時的に起こる変化は多少あるようです。
その代表的な副作用としては、注射した付近の筋力低下による影響があります。

いくつか例をあげてみましょう。
ボトックス注射を、顔のしわ取りに使用した場合、頬が上手く動かずに笑った時に顔が引きつったり、不自然な笑い顔になってしまうことがしばしば報告されています。

また、ボトックス注射を目の周りにした場合の副作用としては、まぶたが垂れ下がってしまう状態になることが、時々報告されているようです。

また、ボトックス注射をふくらはぎにした場合は、足がだるくて疲れやすくなります。
そして、もつれて歩きにくいなどの副作用が出る恐れがあります。

しかし、これらの副作用は、2週間前後で解消されます。
ですので、特に心配しなくても大丈夫です。
posted by 美容整形 at 08:15 | 美容・整形ソノ4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。